日本審美歯科センター モバイル

審美歯科基礎知識
審美歯科の種類

【メタルボンド】

メタルボンドクラウンは虫歯の治療後、歯の表面を削って、薄い金属にセラミックを焼き付けたクラウン(かぶせ物)を取り付ける方法で、従来から最もよく用いられているセラミック修復法です。

外から見える部分はセラミックでできていて、中身は金属でできているものです。
内側が金属ですので強度もかなり強く、外側をセラミックで作っているので、自然な歯の色を再現することができ、変色することもありません。

内側に金属を使用しているため光を透過せずオールセラミッククラウンに比べて見た目は劣ります。

<クラウンへ


審美歯科の基礎知識一覧
TOPページへ戻る


(C)日本審美歯科センター