日本審美歯科センター モバイル

審美歯科基礎知識
審美歯科の種類

【ラミネートベニア】

ラミネートベニアとは、歯を白い歯にし、歯の表面を少しだけ削りその上に貝殻状のセラミックを接着させる方法で、形や隙間なども整えることができる治療法です。

歯の表面(0.5〜0.7ミリ、エナメル質の部分)を薄く削り、着け爪のような白いセラミック製のプレートを貼り付けます。
2,3回の来院で終了し、とても自然に美しく仕上がる治療法です。

変色し ている歯の色調の改善や小範囲の歯並びの改善、隙間の開いた歯の修復、歯の形態の改善に用いられます。

ラミネートベニアは、前歯に隙間がある方、形の整っていない歯、歯の大きさの整っていない方に最適です。

また、歯の内部まで色素が沈着していたり、テトラサイクリン、フッ素等の影響や神経を抜いたことによりホワイトニングの効果が期待できない変色歯も、この方法で白い歯にすることができます。

オールセラミックと同様にセラミックのみを用いる方法であるため、非常に見た目が良く、歯垢がつきにくいのが特徴です。また、歯の表面を薄く削るだけなので、歯にかける負担が少なく比較的簡単な治療で済むことが多い方法です。


審美歯科の基礎知識一覧
TOPページへ戻る


(C)日本審美歯科センター