日本審美歯科センター モバイル

審美歯科基礎知識
審美歯科の種類

【ハイブリッドセラミッククラウン】

ハイブリッドセラミッククラウンは、セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料によるハイブリッドセラミックのクラウン(かぶせ物)を取り付ける方法です。

セラミックの欠点である「硬すぎる」という点を改良した素材であり、咬む力がかかる奥歯などには最適で、ブリッジにも適応することもあります。
また、歯の質感・色などを合わせやすく、歯の形・大きさの変化も自由に対応できるため、とても自然に仕上げることができます。

オールセラミックに比べ透明度は劣ります。

<クラウンへ


審美歯科の基礎知識一覧
TOPページへ戻る


(C)日本審美歯科センター