日本審美歯科センター モバイル

審美歯科基礎知識
審美歯科の種類

【セラミックインレー】

セラミックインレーとは、セラミック(陶材)で作った白い詰め物です。
虫歯の治療後の金属は、口を開けて笑ったときなどに目立ってしまいます。
この詰め物を、セラミック製の天然歯のような白い歯にすることで健康的で自然な美しさが蘇ります。

セラミックインレーは、保険診療で使用される銀の詰め物に比べ、見た目が良く、ほとんど変色しません。
また、保険診療で使用される金属に比べ加工性が高いので、密着度が高く歯との隙間ができにくいので二次的な虫歯になりづらく、汚れ(プラーク)が付きにくいのも特徴です。

金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性もありません。
保険診療で使用されるコンポジットレジンと比較しても、変色なく、歯髄への影響もありません。


審美歯科の基礎知識一覧
TOPページへ戻る


(C)日本審美歯科センター