日本審美歯科センター モバイル

審美歯科基礎知識
審美歯科の種類

【オールセラミッククラウン】

オールセラミッククラウンは、被せ物や差し歯の素材が全てセラミック材料(陶器材料)で出来ているクラウン(かぶせ物)を取り付ける方法です。

金属を一切使わないため、光を透過するなど審美的にもとても美しく、硬すぎることもないので咬み合わせの歯を傷つけることもなく理想の歯並び、色、形の美しさを手に入れられます。
まったく変色がなく、天然歯と見分けがつかないほど美しいため、前歯など審美性が重要な部分の歯の治療に最適です。歯と歯肉の境目が黒くなることもなく、ご自身の歯と見分けがつかないほど自然です。

また、金属類を使用せず、とても優しい素材なので体に金属アレルギーをお持ちの方でも安心して治療を行うことができます。

<クラウンへ


審美歯科の基礎知識一覧
TOPページへ戻る


(C)日本審美歯科センター